これが浮気の常識?上手な浮気の「べからず」三カ条

不倫で後悔する前に…

不倫で後悔する原因の多くは客観的意見の不足。

一人で悩んでしまいがちで、盲目になりがちの関係…

誰か全く関係のない他人に相談するだけで道が開ける可能性が広がります。

不倫がばれたり泣いてしまう前に。


あなたのお悩みは?
   ⇒相談してみる。

どうしても浮気したいと心が騒いでしまう時は誰にでもあります。
そんな時こそ必ず一度冷静になって、次の4か条を思い出してください。
そしてお互いこれを約束できる浮気相手を見つけられれば、上手に浮気を楽しめるでしょう。

hukuen_01

第一条「子ども作るべからず」

当たり前じゃん、と思う方も多くいらっしゃるかもしれませんが
肉体関係が重要なコミュニケーション手段となりがちな浮気関係では
自然と避妊を軽視しがちになってしまいます。
また、浮気相手との一時的な盛り上がりで妊娠を望んでしまう事も少なくありません。
ですが浮気を楽しむのであれば、それは絶対に避けましょう。
更に気付かない内に性病に感染しており、パートナーに気付かれるというケースもあります。
ピルでの避妊ではなく、できる限りコンドームでの避妊をしましょう。

第二条「パートナー貶めるべからず」

浮気の原因はパートナーへの不満である事が多いですよね。
ですが、必要以上にパートナーへの不満を語ると、浮気相手浮気以上の関係を期待してしまいます。
第三条でも取り上げますが、浮気相手はしっかり浮気相手と割り切り
パートナーの事を一時的に忘れて楽しみましょう。

第三条「結婚約束するべからず」

男女に関係なく、浮気相手結婚や、配偶者との離婚約束をする事がありますが
その時は本気の気持ちであっても、心に仕舞っておきましょう。
最悪の結果バレてしまった時「あの時結婚するといったのに」という浮気相手の言葉は
パートナーの心を深く傷つける事になるでしょう。

こうしてあげると、なんだか窮屈に感じるかもしれません。
ですが、上手な浮気とは何よりもパートナーを重視するものです。
しっかり意識して、上手な浮気を心掛けましょう。

★片思いの悩みなら

片思いのかなえ方は千差万別。

状況が違えば攻め方も違います。

プロへ個別相談で成就率9割以上を目指せます。

あなたのお悩みは?
   ⇒相談してみる。

2 responses to “これが浮気の常識?上手な浮気の「べからず」三カ条

  1. 守らないバカが本当に多いですよね。
    まあ結局自分の破滅を呼ぶことになって自業自得になってるからいいんですけど。

  2. 浮気は名ばかりで本気の人が多いからこそ、子供作りたいんじゃないでしょうか。
    でも配偶者とは別れたくない、別れられない。
    困った動物ですよね人間って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です