ベッキーに学ぶ不倫略奪の心得

タレントのベッキー氏のゲスの極み乙女川谷氏略奪婚失敗が報道されてもうすぐ一か月。
ここで、ベッキー氏が不倫略奪婚に失敗した原因を探ってみましょう。

不倫中は舞い上がる物

不倫中、周りが見えなくなります。
それは、自分たちは普通ではない事をしていると言う錯覚による物です。
普通の状態ならば気づくような要素も、二人で盛り上がっている間は見えてもそれは普通なことなのか不倫中だから気になっただけなのか判断が付かず、
そのまま種をまいてしまうのです。

女の勘と女の独占欲の相乗効果

ベッキー氏の独占欲恋愛脳による舞い上がりは、
相手の妻の女の勘には非常に鼻についたに違いありません。
例え関係の無い両者であったとしても、
例えばしょっちゅうラインで相手へ通知を送っていたとしたら。
相手がラインの新着メッセージを画面に表示しない設定をしていたとしても、
音が鳴り過ぎて気になるでしょう。

女遊びの一貫と本気の不倫の温度差

温度差をベッキー氏は実は感じていたのではないでしょうか。
川谷氏のそっけない返事や態度に、自分はまだ一番では無い焦り。
その温度差に焦ってしまったことが、必要以上にベッキー氏の独占欲や暴走に繋がっているようです。

あくまでもファンとバンドマンの関係

これは憶測に過ぎませんが、川谷氏にとって、ベッキー氏はあくまでも体の関係友達あるいは金銭援助者であったのでは無いでしょうか。
ベッキー氏の盛り上がりも、まるで高校生ファンのような舞い上がり方に近い物を感じます。
ミュージシャンの男性の中には、体の関係やデートの代わり、あるいは何もせずにお金を支援してもらう事を当然としている方は多くいます。
ファンの女とちょっと遊んでやって豪遊する、と言う認識の川谷氏のスタンスを感じます。
今後、川谷氏の新たなライン文章として、友人へ宛てたベッキー氏の評価等が出てくるのではないでしょうか。
そこには、つまり、「お前が一番」と言う、他の女性を愛している趣旨の内容や、
「あいつまじ楽勝だったぜ」と言う、あくまでも体の関係としてしか見ていなかった内容の物が。
そうなってしまえば、きっとベッキー氏はどうしようもない絶望の末、このままどこかへいなくなってしまう事でしょう。

燃え上がってしまっては略奪婚は失敗します。

不倫では常に冷静にある事はどうしても難しいです。
その為、第三者目線から正常通りであるか確認してもらう事が重要だと私は常に説いています。
今回の略奪婚失敗は、その最たる例では無いでしょうか。

勿論、まだ略奪婚失敗したと決まったわけではありませんが、
不倫がばれてしまうと言う事は、人気や、社会的信用も地に失墜し、
その危機感さえも不倫で幸せな間はお花畑に感じてしまうものです。
バレてしまってからの略奪婚成功は、女性にとってはとても可能性が低い物です。

夢が覚めたとき、絶望を味わう事が、燃え上がり過ぎた不倫の代償なのです。

略奪婚を成功に導くコツ

復縁は時期が大切です

相手とあなたの周期がピッタリを狙えば、
その復縁はうまく行きます。
お勧めは、ななみ先生です。
未来が見えているかのようで任せられます。