円満な離婚をして、新たなパートナーと幸せになる為に必要な3ステップ

不倫をした方々が行き着く先は、その思いが強いほど、

「現在のパートナーとの離婚」になると思います。

順番こそ違えど、ようやく見つかった真のパートナーとの幸せを掴むための離婚には、

いくつかの必要なステップが存在します。

新たなパートナーとの新生活を円満にスタートするために、

この3つステップを外さないように心がけましょう。

 

ステップ1-想定離婚理由を決める。

離婚には必ず理由があります。

ここでは円満な離婚を想定しているため、裁判にはならない想定ですが、

万一裁判にもつれ込んだ場合、正当な理由がないと離婚は認められません。

離婚理由を決める際に重要なポイントは

「相手に理由がある、もしくは双方に理由がある形にする」

といったものです。

相手に理由があるのがベストですが、今現在の夫婦生活を見てみて、

・夫が浮気をしている

・夫が働かない、生活費を出さない

・相手親族とうまく行っていないが、味方をしてくれない

・相手が性行為を拒否している

等の事実あれば、相手に理由がある離婚はすぐにでも可能です。

このような事実がない場合には、双方に理由がある離婚を狙います。

その際の狙う理由は「性格の不一致」です。

抽象的な理由に見えますが、協議の上での別居などの事実があれば、

正当な離婚理由として認められます。

 

ステップ2-相手に離婚を言い出させる

狙う離婚の理由が決まったあとは、それを相手から言い出させることを狙いましょう。

この際必要になるテクニックは、

「相手の意見を必ず否定する」

といったものです。

晩ご飯の献立、休日の予定、仕事に関すること等々、

とにかく相手の意見を否定する事が必要です。

多少心は痛みますが、それを継続していき、

夫婦仲を険悪にした上で、別居を切りだします。

この際に気をつけることは、

協議の上、双方が求めたので別居をしたという形です。

貴方が一方的に出て行ったりすると、「悪意の遺棄」という理由に該当してしまい、

あなたに非がある形での離婚となってしまうので気をつけて下さい。

 

ステップ3-離婚後、すぐには再婚をしない

最後に必要なステップは、離婚が成立したあとです。

多くの方が、晴れ晴れとした気持ちで真のパートナーとの生活をスタートさせますが、

ココに落とし穴があります。

たとえ、双方の協議の上、円満な離婚が成立したとしても、

離婚後3年間は、慰謝料の請求ができる事になっています。

これは、たとえ離婚理由が不貞・浮気でなかったとしても、

離婚後に不貞・浮気の事実が発覚した場合、慰謝料を請求出来るケースが存在します。

解放され、本当に愛するパートナーとの生活を大手を振ってスタートさせたいところですが、

グッとこらえ、ひっそりと新生活をスタートさせることが必要です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

本当に愛するパートナーと幸せになるということには、

それ相応の覚悟準備決断が必要になります。

大事な事は、信用のおける知人や、専門のエキスパートに相談をしながら進め、

決して一人で抱え込まないことです。

周囲の善意は、あなたを時に勇気付け、ときには冷静にアドバイスをくれます。

抱え込まず、まずは打ち明けて相談してみましょう。

 

不倫で後悔する前に…

不倫で後悔する原因の多くは客観的意見の不足。

一人で悩んでしまいがちで、盲目になりがちの関係…

誰か全く関係のない他人に相談するだけで道が開ける可能性が広がります。

不倫がばれたり泣いてしまう前に。


あなたのお悩みは?
   ⇒相談してみる。